FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I n -大阪!!25年振りに会う友

  • 2010/04/30(金) 22:04:33

長谷川穂積が負けちゃった

まっ・まさか、、、長谷川が負けるなんて(*-.-*)

対戦者、フェルナンド・モンティエル(メキシコ)
この対戦者の顔付がいい
長谷川とタイプが似ている様に感じられた

誠実さと知的さ
そして、自信

試合が始まるまで
心臓がドキドキし
なぜか、指先の震えまで感じる

長谷川の試合で
今まで、こんなに緊張して
観戦したことがあるだろうか!?

第一ラウンド、互いに様子見
第二、第三ラウンドは
心臓の鼓動も落ち着き
第四ラウンド
残り10秒迄は誰もが

いける


思ったのでは………

エッ! 何で止めるの………

顔の頬を両手で押さえて
一瞬何も言えなくなっちゃった

あぁ!!

これが、ボクシングなんだ!


西岡!!
4度目の防衛、おめでとう。


長谷川 、王者奪還に向けて

ガ・ン・バ・レ

ずっと、応援します。






大阪城公園、噴水の前で
今回の旅行の
一番の目的

25年振りに会う友達

噴水の前で、大きく手を振りながら
お互いに近づいて行くうちに
どんどん記憶がよみがえる

なつかしい
と言うより、記憶がつながって
直ぐに、おしゃべりが始まった

3人とも、よくしゃべった

散った桜の花びらに敷き詰められた大阪城公園
             大阪城公園に散った桜のじゅうたん


公園のベンチでも

お城の中を見学しながらも



大阪城を背景に
            大阪城を背景に  3人で


大阪城は、大阪本願寺跡に秀吉が築城
大阪夏の陣により落城
後、徳川2代将軍秀忠によって再築
明治維新の動乱で焼失後

昭和6年、市民の熱意によって
天守閣が復興され
現在、博物館施設となっている。

スバラシイ博物館施設になっている

もう一度、じっくり
見学に来よう

懐かしいおしゃべりと見学は
一遍には出来なかったので………

遅めの昼食をちょっとリッチに済ませ
予約していたホテルへ

ホテルは
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの
オフィシャルホテル
『ホテル ユニバーサル ポート』

なのに、スタジオジャパンへは
入場せず…………

でも、入口で
さも行って来たかのように
はしゃいだポーズで
記念撮影。

今晩のディナーはいろいろ買い込んで
お部屋でおしゃべりをしよう
と、云う事に。。。。。

おしゃべりは延々
日付が変わっても続く………

記憶している事、していない事
そんな話題の中
こんなことが…………

会社の女子たちで
ユネスコ村へ行った時の事

お弁当を持っているグループと
持っていないグループの二手に分かれ
途中、ヒッチハイクで目的地に………

ところが、私には記憶が無い
でも、二人が言うには
私が計画しなければ、他に計画する人はいないと言う

結果、二グループはその日
合流出来なかったとか???

で、ここで三人の記憶が一致するのは
その日、自分は
お弁当を食べたんだか食べなかったんだか

分らない

と言う事。



明日から、孫たちが来ます

大阪、二日目は造幣局の
桜のと通りり抜け

連休明けに続きを書こう





スポンサーサイト

京都・原谷苑の枝垂れ桜

  • 2010/04/23(金) 22:54:44

久しぶりに近所の友人と
ランチ

年が明けてから旅行の計画やら
主人と遊ぶのに忙しかったり
他の友人とのランチ会やらで

昨年暮れに食事をして以来らしい

連休前には連絡しなくてはと
今日、久々のランチ

そう、大竹しのぶのような
ポーっとしていて、まったり喋る彼女を
冗談交じりに世間話をすると
『ほ~ん~と~で~すかぁー』
っと、まった~り
相槌を打ってくる

なんだか、こんな
ぽやんぽやんの友達が多い。




原谷苑に着くと
雨はますます本降りに

それでも、ここも観光客の多いこと
前日の日曜日に行っていたら
きっと、こんなものではなかったんだろうなぁ

だって月曜日で
この雨の中でも
入苑者の多いこと………

原谷園・枝垂れ桜①
           原谷苑の枝垂れ桜


ここの桜は枝垂れ桜が主で
他には八重桜
花海道(はなかいどう)
木瓜(ぼけ)等が
咲き乱れている

そう、正に、咲き乱れているんです



原谷園・枝垂れ桜②
           八重紅枝垂れ桜



原谷苑へは
金閣寺からタクシーで5分位

お天気が良ければ
歩いて行くのがお勧め

金閣寺・仁和寺から共に2キロ程度


原谷苑からはバスを乗り継いで
『龍安寺』へ

塀越しに咲く
一本の大きな桜の花をも
鮮やかに取り込み
静かに石庭がある

来館者も多いのだが
なぜか、他の観光寺社とは違う
静かさがある

皆、石庭の縁側に
しばらく、じっと庭を見つめ
座り込む

私達も、一時、じっと庭を見つめ………
心が、穏やかになっていくのを感じた

時間が許されるのなら
いつまでも、……そこにいたい。。。。


また来よう。。。。。。



龍安寺・石庭
               龍安寺・石庭

二日目の京都は一日中雨 (*~.~*)

  • 2010/04/22(木) 00:08:52

今日の関東地方は25℃………夏日
かなり暑い一日だった

明日は、真冬のような寒さになるとか!?

本当に変な気候。。。。



二日目の京都は朝から雨


雨の金閣寺

           雨の金閣寺

平日だと云うのに
観光客の多さにビックリ
さすが京都の代名詞である
金閣寺

それにしても、外人の多いこと。
それも、アジア系の人が大半

カメラを構え、気に入った被写体の前で
平気で人払いをする

ヨーロッパ系の人との
マナーの違いに
眉を寄せてしまうのは
私だけだろうか!?

雨の中の
池『鏡湖池(きょうこち)』に
姿を映す金閣寺の美しさを
もう少し静かな中で
改めて、見つめたいものである。

通称『金閣寺』の
本来の寺院名は『鹿苑寺』と言う

鹿苑寺境内を散策
衣笠山を借景とした池泉回遊式庭園

金閣寺後ろから進んで行くと
茶の水として使われた『銀河泉』
手を清めた『厳下水』
更に『龍門の滝』へと続く

金閣寺・龍門の滝
      龍門の滝


鯉が滝を登り龍になると云う
中国の故事「登龍門」に因んだ
「鯉魚石」が置かれている。

奥へと進んで行くと

夕日に映える金閣が殊(こと)に佳(よ)い  
と言う事から『夕佳亭』と名付けられた
数寄屋造りの茶席があり

一番高い所に『不動堂』がある。


雨は、とうとう本降り
晴れ女と豪語する私も
さすがに……………

でも、次の目的地
桜の『原谷苑』へ………。



ライトアップされた清水寺に感嘆 (*^0^*)/

  • 2010/04/20(火) 12:42:55

歯の治療を終えて帰って来たところ
下犬歯、以前から
かなり大きな穴があいていて
完全に虫歯なのに
冷水などで染みる事も痛みもない

先生の説明では
私の場合、神経が細く
奥のほうに在るので
今は痛みが無いのだそうだ
…いずれ、痛みを感じる事があるとの事

とりあえず、神経の痛みを緩和する
薬を詰め、セメントで覆ってもらってきた




ライトアップの清水寺
      ライトアップされた清水寺


ライトアップされた清水寺は
幻想的

清水寺を取り巻く山『音羽山』の
随所にライトがセットされていて
周りの木々
境内前の枝垂れ桜等
一層、幻想さを演出していた

境内を散策しながら
清水の舞台へ………

舞台からの景色
舞台を望む観賞席(台)からの景色も
昼間とは違った
舞台の壮大さを感じた

そうそう、境内散策の前に
清水寺隋求堂<胎内めぐり>
を体験してきた。

昼間は、大変混雑していたのでしょう
『今なら並ばなくても直ぐ入れますよ』
と言う、メガフォンでの案内!!

中は真っ暗
手すりを頼りに一めぐり(廻り)

…本尊の大隋求菩薩(だいずいぐぼさつ)は
どんな願い求めにも、すく随(したが)ってくれる
大悲のお母さん仏

大悲母のお腹の中へ入り
胎内めぐりをして
心身の新生をみつめるのだそうです

小雨けむる中
バスはもう終わってしまったらしく
タクシーでホテルへ戻りました。
 

京都桜めぐり

  • 2010/04/18(日) 18:52:58

11日から京都・大阪へ行って来ました。

一日目

8:00、東京発<のぞみ>で出発
途中、新幹線の線路内に
人が入ったとかで
約、20分程度遅れて京都へ着いた。

市バス、京都バス、地下鉄が
二日間乗り放題の
『京都観光二日乗車券』………\2,000
を購入

さっそく、地下鉄に乗って二条城へ

東大手門を入り
二の丸御殿(鴬張りの廊下)唐門寄りの桜

二条城の八重桜
御所御車返し(ごしょみくるまがえし)

………京都観楼の始まりです。

京都の桜はもう終わりかなと思いきや
八重桜と枝垂れ桜の始まりでした。

二条城、二の丸御殿の見学は
初めてではなかったので
そこそこに一回りし、庭を散策

いましたよ!!

歴女・二条城にて
新撰組に扮した歴女一団

外人の観光客には大請け
うれしいサプライズなんでしょうね
一緒に、写真を撮ったり………
歴女達もポーズを取って、大サービス。

私達も彼女らにお礼と別れの挨拶をして
春の一般公開最終日の
京都御所へ向かった。

と、その前におひるご飯
………『魚常』の御所弁当………
   お味は………!?


京都・御所
京都御所・承礼門より望む『紫宸殿』

紫宸殿の前には、雛飾りでおなじみ
向かって右側の「左近の桜」
左側の「右近の橘」
そして前面、南庭には白砂が広がっている。

京都御所の見学は、基本的に
事前申し込みが必要だが
春と秋の二度
五日間づつの一般公開がある。
今年の春の公開は
4/7~11日の五日間
私が行った日は、最終日の11日

思ったほどの混雑を感じられなかったのは
御所の広さのせいだったのか!?
ゆっくりと見学できた。

地下鉄烏丸線五条駅前の
ホテルへ~チェックイン
出発前に送っておいたスーツケースを受け取り
お部屋で一息吐いて
ライトアップ最終日の
清水寺へ…夕食の懐石の予約をして…

料亭『日月庵』は
清水寺への坂道の途中にある。
お昼の御所弁当と
さほど変わらない値段だったが
美味しさは、格段の差
是非々々ご賞味あれ









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。